竹林の手入れに最適|草刈り機は施設整備にマストなアイテム|庭にも施設にも

草刈り機は施設整備にマストなアイテム|庭にも施設にも

婦人

竹林の手入れに最適

エクステリア

刈払機が便利です

近年、放置された竹林の繁茂が大きな社会問題になってきています。昔は食用の筍を採ったり、日用品の素材としての竹の需要がたくさんあったため、竹を栽培する人が大勢いました。しかし、安価な筍が輸入されるようになったことと、日用品に竹以外の素材が使用されるケースが増えたことが影響して、竹の栽培をやめてしまう人が増えました。竹は非常に生命力が旺盛な植物であるため、適切な管理がなされなくなった結果、ドンドン伸びて周辺の植物を駆逐する状態に陥っています。しかし、伐採や下草刈りをするにはそれなりの費用がかかるため、手入れを放棄してしまう地主が大半です。最近になり、自治体などが中心になって、放置竹林の整理事業が行われるようになってきました。その現場で大活躍しているのが刈払機です。刈払機は、下草だけでなく、細い竹程度であれば問題なく切断することができるため、多くの現場で利用されています。

機械の構造について

刈払機の動力としては、ガソリンを使用する小型エンジンが用いられているケースが多いです。電動式の刈払機もありますが、エンジン式の方が圧倒的に強力なパワーを発揮します。また、竹林のように、電源の確保が難しい場所で使用する場合は、エンジン式の刈払機の方が便利です。この刈払機には、肩掛け式のものや背負式のものがあります。また操作用のハンドルが付いている刈払機が多いのですが、両手ハンドルと片手ハンドルの2種類があります。竹林は傾斜地に作られていることが多いため、肩掛け式のものよりも背負式のものの方が安全に使用できます。また、足元が不安定な傾斜地での作業には、コンパクトな作りになっている片手ハンドルの刈払機が適しています。